ネット予約はこちら

 

【電話番号】0761-22-8388
石川県小松市土居原町760
予約はこちら

歯垢=菌の塊?!

歯垢というと食べカスというイメージがあるかもしれませんが、歯垢というのはただの食べカスではありません。歯垢1ミリグラムには菌が10億個も存在しているため、歯垢は一言でいうと菌の塊です。

こうした菌の中には虫歯や歯周病の原因菌も混在しているので、歯垢が残っていると、虫歯や歯周病などのトラブルを引き起こしてしまいます。
歯垢は、プラークとも呼ばれていますが、歯が見えている部分に付着しているプラークの事を歯肉縁上プラーク、歯根と歯茎の隙間(歯周ポケット)に入り込んでいるプラークを歯肉縁下プラークと言います。

プラークの中にいる菌は、酸を作って歯を溶かし虫歯を作ります。
また、歯と歯茎の境目にプラークがあると歯周病の原因にもなってしまいます。歯周病が進行する事で、歯周ポケットは作られますが、酸素を嫌うプラークは、酸素に触れない歯周ポケットの中に好んで付着するようになります。これが歯周炎の発症や進行をもたらす事になるのです。
このように歯垢があると虫歯や歯周病の発症、進行を招いてしまいますから、歯垢をしっかり除去して、こうした事態を予防する事が大切です。

歯垢を除去するのに、大切なのはやはり毎日の歯磨きですね。
できれば、毎食後歯を磨くというのがベストではありますが、それが無理な場合には、朝起きてすぐと、寝る前に歯を磨くようにしましょう。
1日に2回も磨けないという場合には、最低でも寝る前の歯磨きは欠かさないようにしてください。ただ、毎食後磨いても、1日1~2回磨いても、普通の歯磨きだけでは、歯と歯の間の汚れは取り除きにくいものです。

歯ブラシだけを使ってケアするのではなく、歯と歯の汚れを取るための歯間クリーナーも併用するようにしましょう。
これだけでもまだ十分には取りきれないので、定期的に歯科医院へクリーニングに行き、除去できていない歯石や歯垢を徹底的に除去してもらうようにしましょう。

歯や歯茎を守るためには、セルフケアと歯科衛生士によるプロのケアの両方が必要です。

最新のお知らせ

過去の記事

2020

2019

top-bana01
top-bana02

2018

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

top-bana06
top-bana03
top-bana04
banner_recruit_01
banner_recruit_02
banner_contact
banner_contact