スマイル歯科ブログ

BLOG

なんとなく歯が浮いている・・・ 膿かな?

歯茎から膿がでたり、腫れていたり、噛むと痛みを感じたり、なんとなく歯が浮いている…
そんな風に感じたら、歯の根っこ部分に膿が溜まっているのかもしれません。

しかも、歯とは無関係に思える頭痛や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)といった症状や病気かも?!

◎歯茎の膿

歯の根の先にできた膿の袋は、歯根嚢胞(しこんのうほう)と呼ばれています。
一度膿が溜まってしまうと、時間が経つにつれ進行し、腫れや痛みが強くなったり、蓄膿症の原因にもなってしまうそうです。

また、歯根嚢胞が巨大化してしまうと、歯根の治療もかなり難しくなってしまいます。
とにかく、膿ができたら早めの処置が大切です!


◎でもどうして歯根嚢胞ができてしまうのでしょうか?

神経が死んでしまった歯、または、虫歯治療のために神経をとってしまった歯の根にできます。
神経が死んでしまったり、取り除いたところには空洞ができ、細菌の住処となってしまいます。
身体がそんな異常を察知して、顎の中に毒素が回らないように、細菌を顎の骨の方に押し出します。
そして、そこに袋を作り、細菌を閉じ込めようとします。
それが歯根嚢胞です。

普通の元気な歯には歯根嚢胞はできません。


歯根嚢胞ができても痛みを感じないのは、白血球など、免疫機能が働いて、炎症が起こらないように抑えているからです。
しかし、疲れが溜まったり、風邪を引いたりして免疫力が低下してしまうと、細菌の方が優勢となり、炎症を引き起こします。
そして、痛みや腫れという症状を引き起こしてしまいます。

体調が良くなれば症状も軽減してしまうので、歯根嚢胞とはなかなか気づきません。
レントゲンを撮ってみて、発見されることが多いです。

歯根嚢胞を放置していて、大きくなると、再治療ができず、抜歯するしかありません。
歯茎に何か異常を感じた時は、すぐに歯科医院で診てもらいましょう!

スマイル歯科

石川県小松市土居原町760

TEL 0761-22-8388

診療時間 日祝
9:00 - 12:00 - -
14:30 - 17:30 -   -

受付は診療時間の30分前までです
JR北陸本線小松駅より徒歩5分
駐車場完備
※当院の駐車場が満車の場合は、お近くの市営駐車場のご利用をお願いいたしております。駐車料金の領収書をお持ちくださいますと、駐車料金をお支払いさせていただきます。

2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

休診日

午後休診

Google Map スマイル歯科への経路
©2014 スマイル歯科 All Rights Reserved.
まずはお電話にてお問い合わせください