スマイル歯科ブログ

BLOG

歯医者で神経を抜くと・・・。 ~神経の役割~

虫歯が本当にひどくなると、一体どうなるのでしょう!?
神経を抜くことになってしまうのです…

そもそも、歯の痛みを感知している神経の組織は、歯髄と呼ばれる部分にあります。
「神経を抜く」というのは、歯髄の中心部分を除去することを言います。

除去すれば、痛みもなくなり、お口のトラブルも解決したように思うかもしれませんが、
実は、歯の神経には重要な役割があるため、なるべくなら抜かない方がベストなのです。

では、歯髄には、どんな役割があるのでしょう。

◎歯髄の役割

・動脈と静脈があり、歯に栄養を送ります。

・虫歯菌の侵入を防いでくれます。

・温かい・冷たいといった温度をキャッチしてくれます。

・歯がしみるなどの違和感を感じさせる事で、異常を教えてくれます。

・噛み合わせに対応して、自然に歯がすり減るよう機能しています。


◎神経を抜いてしまったら、どのような不具合があるのでしょうか?

・歯に十分な栄養が行きわたらず、歯が弱くなったり、歯の寿命が縮んだりします。

・新陳代謝ができず黒っぽく変色してしまいます。

・水分がなくなって割れやすくなります。

このような不具合も考えられますが、激しい痛みがあったり、歯根のところから膿が出ている場合には、神経を抜いて治療するしかありません。

ところが、神経を抜いても、後で痛みが生じる場合があります。
治療による一時的なものの場合や、炎症によるもの、歯髄や感染した部分が残ることで、痛みが生じてしまう…など考えられます。

一時的に生じる痛みは、心配ありません。
しかし、炎症が起きた場合や、感染部分の取り残しなどによる痛みの場合は、根幹治療を行う必要があります。

このように神経を抜く治療は、抜いて終わり!というものではなく、後々痛みが出たり、歯が割れやすくなったりと、色々な弊害に苦しめられる事もあります。
神経を抜けば、治る!と思われるかもしれませんが、そう単純なものではありません。

重要な役割を担っている神経は、なるべく抜かないですむよう、普段から歯はきちんとケアしていきたいものですね。

スマイル歯科

石川県小松市土居原町760

TEL 0761-22-8388

診療時間 日祝
9:00 - 12:00 - -
14:30 - 17:30 -   -

受付は診療時間の30分前までです
JR北陸本線小松駅より徒歩5分
駐車場完備
※当院の駐車場が満車の場合は、お近くの市営駐車場のご利用をお願いいたしております。駐車料金の領収書をお持ちくださいますと、駐車料金をお支払いさせていただきます。

2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

休診日

午後休診

Google Map スマイル歯科への経路
©2014 スマイル歯科 All Rights Reserved.
まずはお電話にてお問い合わせください