スマイル歯科ブログ

BLOG

口の渇き・ドライマウスはどうすれば予防できるの?

唾液の分泌量が減り、口の中が乾いた状態になってしまうのがドライマウスです。
ドライマウスになると、唾液による殺菌能力が低下してしまうため、細菌が繁殖しやすい状態に・・・。その結果、虫歯が増えたり、身体の抵抗力が落ち、風邪などの感染症にかかりやすくなってしまいます。また、ドライマウスによって、口の中に激痛が生じてしまうことも。

 

そんな危険がいっぱいのドライマウスを予防するには、生活習慣の改善が1番です!
ここでは、ドライマウスの予防に有効な生活習慣について、詳しく説明していきますね。

 

1.食生活を見直しましょう。

よく噛んで食べて、唾液を分泌させましょう。
よく噛まないと食べられないような素材を増やしたり、普段より噛む回数を増やす工夫をするのもいいかもしれません。梅干など酸味のあるもので刺激を与ると、唾液の分泌を促せます。ドライマウスの予防に効果的な食生活へと改善していきましょう。


2.生活習慣を見直しましょう。

喫煙や飲酒もドライマウスを引き起こす原因になってしまいます。
お酒の飲み過ぎに注意したり、喫煙をするなどして、健康的な生活習慣を身につけたいですね。


3.口の中が乾燥しないように気をつけましょう。

口が乾いていると感じたら、保湿剤が配合された飴やガムを食べて、口の中を潤わせます。飴やガムを食べる時は、虫歯にならないように、糖分のないキシリトール配合のものを選ぶといいでしょう。保湿剤配合のデンタルリンスなどを使うのも有効です。就寝中は、マスクをして、寝ている間に口の中が乾かないようにケアしましょう。


4.リラックスしましょう。

緊張が続いている状態では、唾液の分泌が悪くなってしまいます。できるだけリラックスした状態をキープできるよう、一息できる時間を持つようにしたり、何か楽しみを見つけましょう。瞑想やウォーキングに出かけるのもおすすめです。


その他、唾液が出るようマッサージしたり、お口の運動をしたり、口呼吸をしないように心がけたりと、ドライマウスを予防するには、毎日の生活習慣が大きなポイントです。唾液の分泌を促すような食生活や生活習慣を心がけ、お口の健康と身体の健康を維持しましょうね。

スマイル歯科

石川県小松市土居原町760

TEL 0761-22-8388

診療時間 日祝
9:00 - 12:00 - -
14:30 - 17:30 -   -

受付は診療時間の30分前までです
JR北陸本線小松駅より徒歩5分
駐車場完備
※当院の駐車場が満車の場合は、お近くの市営駐車場のご利用をお願いいたしております。駐車料金の領収書をお持ちくださいますと、駐車料金をお支払いさせていただきます。

2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

休診日

午後休診

Google Map スマイル歯科への経路
©2014 スマイル歯科 All Rights Reserved.
まずはお電話にてお問い合わせください