ネット予約はこちら

 

【電話番号】0761-22-8388
石川県小松市土居原町760
予約はこちら

どうして歯のクリーニングが必要なの?

虫歯は感染症

「毎日歯みがきを頑張っているのに、なぜ虫歯ができるのでしょうか?」と、よく質問されます。逆に、あまり熱心に歯磨きをしていないけれど、虫歯は1本もない。という方もいらっしゃると思います。
これは、あなたのお口の中に、虫歯の原因菌であるミュータンス菌がたくさんいるのかどうか?(それと唾液の強さや量)が大きく影響しています。

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、このミュータンス菌はいません。ゼロです。
このミュータンス菌は、風邪やインフルエンザウィルスのように、人から人へ感染する『感染症』で、生後1歳7か月〜2歳7か月頃は、特に感染しやすい時期だといわれています。(感染の窓)




虫歯は、お母さん、お父さん(ご家族)や周りの大人から、赤ちゃんのお口の中へと虫歯菌が感染することに始まり、いったん感染してしまうと、その後の砂糖の摂り方や歯磨きの習慣によって、増加します。 また、感染源のご家族のお口の中に、大量のミュータンス菌がいた場合も、より感染リスクが高まっていきます。
このように、大量のミュータンス菌に感染してしまうと、ご自宅で歯磨きをした程度では、菌の量をあまり減らすことはできません。

虫歯は、どのようにしてできるの?

虫歯菌に感染しただけで、虫歯になるわけではありません。感染後の食生活と歯磨き習慣との関わりから虫歯を発病します。
お口の中に入り込んだミュータンス菌などの細菌は、歯の表面に張り付き、ネバネバとした細菌のかたまりを作ります。


これを、バイオフィルム=デンタルプラーク(歯垢)と呼びます。
バイオフィルムが身体の組織の中で最も硬いエナメル質で覆われている歯の表面に張り付き、食べ物からの糖分を栄養にして酸を出します。歯の表面が長い時間この酸にさらされているとエナメル質を溶かし穴になってしまいます。これが、虫歯という病気の始まりです。

バイオフィルム

細菌のかたまりバイオフィルムは、特別な生態系を作っていて、殺菌剤でも退治できません。
台所の三角コーナーなどについたぬるぬるとしたしつこい汚れをイメージしてください。これもバイオフィルムで、たとえ強い洗剤や殺菌剤を使ったとしても、簡単には除去できません。 たわしなどで、ごしごしとこすり取るなど力ずくで落とすのと同じで、お口の中のバイオフィルムも、力ずくで破壊しなければ除去できません。

定期的クリーニング

定期的クリーニングの目的は、バイオフィルムを破壊して除去することです。バイオフィルムに薬は効きません。
かかりつけの歯科医院で、定期的にお口の中をクリーニングすることで、虫歯や歯周病のリスクはグッと下がります。


「かかりつけの歯科医院」とは、虫歯ができて治療に通う歯科医院のことではありません。
虫歯治療を受けるたびに、歯の状態は以前より悪くなります。治療しても、以前よりも良くなることはなく、歯の状態はどんどん悪くなるのです。治療をしていない自然な歯が1番強いのです。ですので、このような通院の仕方は、お勧めできません。
その場限りの治療だけということを我々は、本当はしたくありません。汚れた河川(細菌がたくさんいる)のような状態のお口の中で1本、2本と治療を行っても、その原因を改善しなければ、また違う歯が悪くなってしまします。我々のゴールは治療することではなく、患者様のお口・歯が晩年になってもしっかり残り、美味しく食事がとれ、元気に過ごしていただくことです。


「予防歯科」は、一人ひとりのリスクに応じたケアを行うことです。リスクを把握し、定期的なクリーニングを行うために歯科医院にかかることが大切です。トラブルが起こる前に、虫歯や歯周病の原因となる細菌をきれいにクリーニングし、食生活を気をつけ、正しい歯磨きを心がければ、いつまでも健康な歯と歯ぐきを保つことができます。
子どもの頃から、かかりつけの歯科医院で定期的にクリーニングを受けていれば、高齢になった時に入れ歯になることは、ほとんどありません。
大人になってからでも手遅れではありませんが、小さな頃からスタートする方が効果的です。バイオフィルムの破壊と除去がとても大切です。
お子さんが生涯健康に過ごせるよう、小さい頃からの定期的クリーニングを習慣づけてあげてください。

PMTC 専門家による専門的な清掃

歯科医院への定期的な通院は、悪いところがなくても通うため、なかなか理解されません。
しかし、虫歯の原因菌に感染してしまったお口の中では、バイオフィルムが強力に歯に張り付いていて、ご自身の歯磨きレベルでは、除去できません。そこで、定期的クリーニングで行うPMTCがとても重要なのです。

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningのことで、専門的な訓練を受けたスタッフが、専門器具を用いて行う歯の清掃のことです。
歯の表面には、小さな窪みがあり、この窪みには歯ブラシの毛先は届きません。また、歯と歯の間は、デンタルフロスを上手に使わなければ歯垢は残ります。
歯と歯肉の境目にも、歯ブラシの毛先が届かない場所があります。
そこで、徹底したクリーニングを行って、細菌のかたまりや歯石を破壊して除去します。最後に、フッ化物入りのペーストでしっかりと研磨します。

フッ素塗布の効果

歯に穴があく前の、初期の虫歯(白濁)は、再石灰化によって治ります。
初期の虫歯は、エナメル質の内部からミネラルが奪われてしまった状態(脱灰:だっかい)です。再石灰化とは、そこにミネラルを戻してあげることです。

エナメル質の再石灰化には、フッ化物を使うのが最も効果的です。
歯科医院で、専門家によって高濃度のフッ化物を塗布するだけでなく、ご家庭で、フッ化物入りの歯磨き剤や洗口剤を繰り返し使用するのもおススメです。歯の周囲にとどまっているフッ素イオンが、脱灰を防ぎ再石灰化を促進する役割をします。さらに、口内細菌の増殖を抑えたり殺菌する作用もあります。

お子さんがいつまでも健康に過ごすために

虫歯は、歯の健康を損なうだけでなく、虫歯のために食べ物をしっかりと噛むことができなくなることで、顎・顔の形成や歯並びにも影響していきます。結果的には、身体の発育にまで影響が及びます。
乳歯の虫歯は、永久歯にも悪影響を与えるので、乳歯はいずれ抜ける歯だからと言って放っておいてはいけません。


お子さんを虫歯から守るには、まず、お母さん(家族)から赤ちゃんへの虫歯菌の感染時期をできるだけ遅らせることです。
そして、感染の窓と呼ばれる生後1歳7か月〜2歳7か月は、特に感染しやすく注意が必要です。キーポイントは、2歳まで感染させないことです。


お子さんを小さい頃から定期的検診・クリーニングのために歯科医院へ通われることをおススメします。歯医者へ通う抵抗感を少なくし、習慣づけましょう。はじめて歯医者に行くタイミングが治療だと、どうしても「歯医者=怖いところ」となりがちです。


歯科医院での定期的なクリーニングと、普段の食生活・歯磨きの習慣をつけることで、生涯、入れ歯の必要がない、自分の歯で食事ができる健康的な生活を過ごせます。
こちらのページにて、予防歯科の大切さを動画で紹介しています