ネット予約はこちら

 

【電話番号】0761-22-8388
石川県小松市土居原町760
予約はこちら

歯周病とは

歯周病のメカニズムの基礎知識

歯周病って何?

歯周病は歯と歯茎の間に歯周病菌という菌が入り込み、歯の支えとなっている歯槽骨を溶かしてしまうという病気です。
歯槽骨が溶けてしまうと、歯が支えを失ってしまうので、むし歯がなく健康な歯であっても、自然に抜けてしまいます。

この歯周病は、成人の8割がかかってしまう病気だと言われていて、年齢と共にむし歯にはなりにくくなるものの、歯周病の方は年齢と共に進行していきます。
どれだけ健康な歯でも抜けてしまうという恐ろしい病気ですが、歯周病の怖さは他にもあります。

歯周病の原因とは?

歯を失う原因となる歯周病菌は、歯に付着している食べかすを栄養としているので、磨き残しがあると歯周病菌がそこにとりつき、プラークができてしまいます。
歯の表面がぬるぬるしていると感じたことはありませんか?そのぬるぬるがプラークです。


プラークは普通の歯磨きで取りのぞく事ができません。
しかし、プラークをそのままにしておくと、唾液の中に含まれているリン酸やカルシウムを取りこんで歯石として固まってしまいます。

空気によって死滅する歯周病菌は、この歯石とプラークに守られながら歯茎の奥へと進んでいき、歯茎に炎症を起こしてしまいます。 こうなるともう重症ですが、それまで自覚症状がないのが歯周病の怖さです。
歯茎が炎症を起こして腫れるという重症になってからしか気付かないのです。

歯周病を治療するには?

歯周病の治療法は研究されているものの、完全な治療法は見つかっておらず、完治させる事はほとんどできません。

歯周病菌を歯科医院などで除去しても、他の家族のお口の中にいる歯周病菌に感染してしまうため、一時的な除去しかできないのです。

歯周病によって歯茎がはがれたりした場合、治療である程度、歯茎を引き締める事は可能ですが、元に戻す事はできません。
そのため、また歯周病菌に感染してしまうと、以前の歯周病によってできてしまった歯茎と歯の隙間にすぐ取り付いてしまうんです。


歯周病は、定期的にお口の中を掃除して、清潔にしておく事が最善の治療法となります。
通常の歯磨きで取り除くことが出来ないプラークについても、 歯科衛生士のようなプロに定期的に除去してもらうことが大切です。