だらだら食べは危険(再石灰化と脱灰)

歯は元々丈夫なものです。
たとえプラークがあっても、そう簡単に虫歯にはなりません。

なぜかというと、軽い虫歯になったとしても、唾液などの働きによって再石灰化され、自然に治ってしまうからです。
ではどうして治療が必要なほどの虫歯ができてしまうのでしょうか?

虫歯になるメカニズムについてご説明しますね。
まず、歯にプラークが付き、その中にいるミュータンス菌が増殖すると、酸を出して歯の表面にあるカルシウムやリンを溶かしてしまいます。
これが脱灰です。

この脱灰によって、必ず虫歯ができるというわけではありません。
脱灰でカルシウムやリンが溶かされても、唾液がちゃんと分泌されていれば、口の中は中和されます。
そして、溶け出したカルシウムやリンはまた歯の表面に戻っていきます。
これが再石灰化です。

脱灰と再石灰化は、何かを食べる度に、私たちの口の中で繰り返し行われています。

このように虫歯を防ぐような仕組みがあるにも関わらず、虫歯になってしまうのは、悪い食習慣が影響しています。
常にだらだらと時間をかけて食べ続ける、『だらだら食べ』をしていると、脱灰の時間が長くなり、再石灰化が追い付かず、
虫歯ができやすくなってしまいます。

ご飯とご飯の合間に何度も間食をしたり、飴などの甘いお菓子を長時間なめたりしていると、脱灰の時間が長くなり、虫歯リスクはどんどん高まります。

特に乳歯や生えたばかりの永久歯は歯質も弱く、虫歯になりやすいので要注意です!

間食をする時は、何度も分けて食べるのではなく、一度にまとめて食べ、だらだら食べしないような習慣を付けましょう。

ご飯やおやつを食べた後は、食べカスが歯に付いてしまうので、その都度歯磨きをするというのが理想です。
もし、毎回歯磨きをするのは大変…という方は、食後に、お茶を飲んだりうがいをしたりして、歯に付いた食べカスを洗い流すようにしてあげるといいでしょう。

しかし、就寝前の歯磨きは必須です。
寝ている時は唾液の分泌が減ってしまうため、再石灰化ができない状態になってしまうからです。
就寝前はしっかり歯磨きをして、プラークをキレイに取り除いておきましょう。

ご自分でのセルフケアは、とても大切ですが、限界もあります。
歯周病予防にも年に数回、歯科え衛生士による歯のクリーニングもお忘れなく!

最新のお知らせ

過去の記事

2021

2020

2019

2021_left_img01
2021_left_img06

2018

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2021_left_img05
top-bana03
2021_left_img07
2021_left_img09
2021_left_img10
2021_left_img08
banner_contact