スマイル歯科ブログ

BLOG

赤ちゃんの虫歯予防は、まずママから

赤ちゃんは、生後6カ月頃になると歯が生え始めます。
歯が生えてくると気になるのが、虫歯です!

虫歯の原因となるのは、プラークの中に存在するミュータンス菌。
しっかり歯磨きをすれば、歯に付いたプラークは除去できます。
ところが、磨ききれずにプラークが残ってしまうと、このミュータンス菌が酸を作り出します。
これが初期の虫歯です。

まだこの段階であれば、唾液の働きによって再石灰化が進み、虫歯を防ぐことができます。

でも、磨き残しが多かったり、唾液の分泌が少なかったりすると、再石灰化される間もなく、ミュータンス菌が何度も歯を溶かし、本格的な虫歯になってしまいます。

赤ちゃんの虫歯を防ぐためには、まずミュータンス菌の感染を防ぎ、増殖しないように、口の中をキレイに保つことが大切です。

ミュータンス菌の感染を防ぐには、まずママやパパが気を付ける必要があります。
というのも、ママやパパが感染源となっていることが多いからです。

親が口移しで食べ物を与えたり、口をつけたスプーンやお箸、食器などを使って赤ちゃんに食べ物をあげたり、キスしたりすると、親の口の中に住み着いていたミュータンス菌が、唾液を介して赤ちゃんに感染するからです。
赤ちゃんの虫歯を予防するためにも、普段から、赤ちゃんとの接し方には気を付けるようにしましょう。

また、毎日の歯磨き習慣も、赤ちゃんの虫歯予防には欠かせないものです。
赤ちゃんが嫌がらずに毎日歯磨きできるように、ママやパパが楽しい歯磨きタイムを習慣づけましょう。

それから、定期的に歯医者さんで歯のチェックをしてもらうのも虫歯予防には有効です。
初期の虫歯ならフッ素の塗布で再石灰化が促進され、元の健康な歯に戻せます。

歯医者さんで定期的に診てもらい、早期発見、早期治療で、しっかりと虫歯を予防しましょう。

スマイル歯科

石川県小松市土居原町760

TEL 0761-22-8388

診療時間 日祝
9:00 - 12:00 - -
14:30 - 17:30 -   -

受付は診療時間の30分前までです
JR北陸本線小松駅より徒歩5分
駐車場完備
※当院の駐車場が満車の場合は、お近くの市営駐車場のご利用をお願いいたしております。駐車料金の領収書をお持ちくださいますと、駐車料金をお支払いさせていただきます。

2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

休診日

午後休診

Google Map スマイル歯科への経路
©2014 スマイル歯科 All Rights Reserved.
まずはお電話にてお問い合わせください