スマイル歯科ブログ

BLOG

歯間ブラシの選び方と正しい使い方

虫歯の原因…まず考えられるのが歯垢(プラーク)。
この歯垢、しっかりと取り除きたいですよね。

さっそく、毎日の歯みがきについて考えてみましょう!

実は、歯ブラシによる歯みがき(ブラッシング)だけでは、歯と歯の間に挟まった歯垢をキレイに落とす事はできません。
つまり、これだけでは、歯垢除去は、不十分といえます。
歯の間に残った歯垢を取り除くには、歯ブラシの他に、歯間ブラシがおすすめです。
歯ブラシでは届かないような、歯と歯の間をキレイに磨けます!

でも、歯間ブラシって使い慣れない人も多いのかもしれません。
そこで、歯間ブラシの選び方や正しい使い方をご紹介したいと思います!

◎サイズ選び

歯間ブラシは、サイズ選びも大切です。
歯と歯の間に抵抗なく入り、磨く際にキツイと感じない程度のサイズのものを選びましょう。
歯と歯の隙間の広さは、部位によって違う事もあります。
それぞれに合うサイズの歯間ブラシを使い分けるのがベストです。

奥歯にはL字型のものを、前歯にはI字型のものを選ぶと使いやすいでしょう。

◎使い方

ブラシの先を斜め上の方に向けながら歯の間に挿入します。
そして、ブラシを水平にし、歯と歯茎の境に沿って動かしながら歯垢を取ります。
内側からも同様に歯間ブラシを入れて、磨くと効果はよりアップします!


◎持ち方

鉛筆を持つような持ち方にすると、動かしやすいでしょう。


◎注意点

入りにくい歯間に無理に入れないようにしましょう。また、力を入れ過ぎないことも大切です。
歯の並びが悪い所は、歯垢が付着しやすいので、より丁寧に磨くようにしましょう。

別の部位の歯間を磨く際は、歯間ブラシを一旦水で洗い、汚れを取ってから使いましょう。

歯間ブラシは、毛先が短くなったり乱れてしまったら、新しいものに取り替えるようにしてください。



歯間ブラシは、歯ブラシだけでは落とせない歯垢を落としてくれます。
歯ブラシを使ったブラッシングに、歯間ブラシを加えてケアすると、歯垢の9割以上を落とすことができると言われています。

これからは、この2本立て(歯ブラシ&歯間ブラシ)で、しっかり丁寧に歯の清掃をしてみましょう!
フロスも上手に使えると、完璧ですが、またの機会にしますね。

スマイル歯科

石川県小松市土居原町760

TEL 0761-22-8388

診療時間 日祝
9:00 - 12:00 - -
14:30 - 17:30 -   -

受付は診療時間の30分前までです
JR北陸本線小松駅より徒歩5分
駐車場完備
※当院の駐車場が満車の場合は、お近くの市営駐車場のご利用をお願いいたしております。駐車料金の領収書をお持ちくださいますと、駐車料金をお支払いさせていただきます。

2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

休診日

午後休診

Google Map スマイル歯科への経路
©2014 スマイル歯科 All Rights Reserved.
まずはお電話にてお問い合わせください