スマイル歯科ブログ

BLOG

タバコで歯周病が悪化?!

喫煙は、呼吸器疾患や循環器疾患など、さまざまな病気を引き起こす原因になると言われています。
タバコは吸わない方が健康にいい!というのは、言うまでもなく常識。

でも、タバコは体に害を与えるだけではありません。
実は、歯周病も悪化させてしまう可能性があるのです!

タバコには、血管を強力に収縮させるニコチンが含まれています。
このニコチンの影響によって、歯肉が血流障害を起こし、歯周病の悪化を招くのです。

さらにタバコのタールが、歯垢や歯石を付着しやすい状態にしてしまい、歯周病を進行させてしまうこともあります。

タバコには他にもいろいろな有害物質が含まれています。
そうした有害物質が、歯周病の原因となるプラークを付着させやすい状態に導いたり、
唾液の分泌を減少させたりして、歯周病になりやすい口内環境を作ってしまうのです。

タバコを吸う人は、吸わない人の2〜6倍、歯周病になりやすいと言われています。
また、タバコを吸っていると歯周病を治療しても、治りにくかったり、治っても再発しやすいのです。

タバコを吸っていると歯肉の老化も進みやすく、タバコを吸わない人より10〜20年ほど早く、歯肉が老化してしまうそうです。
そのため喫煙者の場合、年齢が若くても歯肉年齢は高く、気が付かないうちに歯周病がどんどん悪化するというケースも。

歯周病はひどくなると歯を失ってしまう怖い病気です。
タバコを吸う人は、歯周病になるリスクは高く、タバコの本数が多ければ多いほど、そのリスクもどんどん高くなります。
逆に言えば、タバコの本数を減らしたり、禁煙をすれば、歯周病のリスクはかなり軽減されるのです!
喫煙者の人は、できるだけタバコを控えるようにしましょう!

今現在、タバコを吸っている人で、歯周病に悩んでいる人や歯周病を予防したい人は、まずタバコを止めるように努めることが、
歯周病を解決するための一番の近道です。

スマイル歯科

石川県小松市土居原町760

TEL 0761-22-8388

診療時間 日祝
9:00 - 12:00 - -
14:30 - 17:30 -   -

受付は診療時間の30分前までです
JR北陸本線小松駅より徒歩5分
駐車場完備
※当院の駐車場が満車の場合は、お近くの市営駐車場のご利用をお願いいたしております。駐車料金の領収書をお持ちくださいますと、駐車料金をお支払いさせていただきます。

2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

休診日

午後休診

Google Map スマイル歯科への経路
©2014 スマイル歯科 All Rights Reserved.
まずはお電話にてお問い合わせください