ネット予約はこちら

 

【電話番号】0761-22-8388
石川県小松市土居原町760
予約はこちら

歯を失うデメリット

IMG_6772

虫歯がひどくなると、抜歯をすることになってしまいます…
中高年の方には、歯周病で歯を失うことになることも…

「1本くらい歯がなくても、全く不自由しないから」と、そのまま放置されてる方いらっしゃいませんか?

確かに、奥歯であれば、1本くらいなくなっても見た目にも分かりません。
噛めないわけでもないですし、その時は、不自由しないでしょう。
ただ、元々あった歯がなくなってしまうということは、隣り合っている歯や上下の歯が、
年月とともに変化していきます。

抜歯によって隙間ができることで、その隙間へと自然に歯が移動したり、そちらの方向に伸びたり。
だんだんと歯並びや、噛み合わせが悪くなってしまいます。

噛み合わせが悪くなれば、噛む力も弱まり、固いものが食べられなくなり、顎の骨も痩せていきます。
また、歯並びが悪くなると、歯を磨くときに、磨きにくいところが増え、虫歯になりやすいお口の中に。

さらに、歯がない方では噛みにくくなってしまうので、歯が揃っている片側だけで噛むようになります。
それがクセになると、額関節症や、身体の歪みに繋がってしまいます。

他にも、括絶や発音に影響したり、見た目にもコンプレックスになったり。
歯を食いしばれなくなるため、スポーツで力が発揮できなくなったり…いろいろなデメリットにつながります。

1本でも歯を失うと、長期的にみると、さまざまな面で悪い影響を及ぼしてしまいます。
だから、もしも歯を抜くような事があれば、できるだけ早めにブリッジや入れ歯、インプラントなどを入れてください。
元々そこにあった歯の役割を補いましょう。
そうすれば、これらのデメリットを、軽減する事ができます。

でも本来は、歯を失うような事がないように予防することが大事です。
磨き残しがないようにしっかりブラッシングをする、歯や歯茎に痛みを感じたらすぐに歯科医院へ行く、
定期的に歯科医院で検診を受けるなど、歯に対する日頃のケアや心がけがとても大切です。
 

最新のお知らせ

過去の記事

2019

top-bana01
top-bana02

2018

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

top-bana06
top-bana03
top-bana04
banner_recruit_01
banner_recruit_02
banner_contact
banner_contact