スマイル歯科ブログ

BLOG

ドライマウス~お口の乾燥は要注意~

『ドライマウス』というお口のトラブル、ご存じですか?
口腔乾燥症とも呼ばれ、お口の中が乾燥する症状のことを言います。
このドライマウスの人口は増加していて、約800万人とも言われていますが、自覚症状がある人が少ないので、おそらく約3,000万人は、その予備軍では…とも。

お口の中が乾いた状態が続くと、舌に痛みがでてきたり、口臭などの症状がでてきます。
また、だ液の分泌が減っているということなので、虫歯や歯周病などの原因にもなってしまいます。

◎なぜお口の中が乾燥するのでしょうか?

その原因は、

・口呼吸
・精神的な緊張やストレス
・降圧剤、抗うつ剤、鎮痛剤、風邪薬などのお薬の副作用
・加齢による噛む力の衰え(だ液の分泌量が減る)
・糖尿病、腎臓の病気など
・シェーグレン症候群

が考えられます。

◎ドライマウスの原因の一つ『シェーグレン症候群』とは?
涙腺や唾液腺を侵す自己免疫疾患です。
自己免疫疾患とは、自分の身体の組織に免疫反応が過剰に反応して、正常な組織(細胞)まで攻撃してしまい、障害が生じることを言います。
目や口の渇き、涙が出ない、唾液が出ないなどという症状がでます。

現在、シェーグレン症候群の原因は解明されていません。
40〜60歳の女性に多く見られるため、
遺伝や環境、免疫異常、女性ホルモンなどが関係しているのでは?とみられています。

口の渇きが強く、QOL(生活の質)が低下したと感じた時に、まず歯科や耳鼻咽頭科を受診してください。

※目の渇きが強ければ、眼科、関節の痛みや腫れの症状には、リウマチ科や内科を受診しましょう。

◎ドライマウスのケア

ドライマウスの初期症状は、お口の粘つき感や乾物が食べにくい(飲み込みづらい)といったものです。
このような症状が見られたら、日常生活の中でケアしていきましょう。

・お口の中を清潔に保ち、湿潤させる
虫歯にならないように、キシリトール配合やシュガーレスのガムを噛んだり、
保湿剤配合のマウスウォッシュを使うのも良いでしょう。

・ストレスをためない!
精神的な緊張がだ液の分泌量を減らします。ウォーキングや軽い運動でリラックスさせましょう。

・よく噛んで食べる
柔らかいものばかりを食べるのではなく、バランスよくいろいろなものをよく噛んで食べるよう心がけましょう。
また、レモンや梅干しなどは見るだけでもだ液が出ます。

・飲酒と喫煙
喫煙や飲酒もだ液の分泌量を減少させます。
生活習慣を見直してみましょう。

・マスクを活用する
就寝時に、室内の湿度に注意し、マスクをつける。

高齢の方は、口周りの筋力が低下しているので、夜間だけでなく、マスクを着用して、
乾燥を防ぐのもよいでしょう。

・唾液分泌マッサージをやってみよう!
うがいをして、お口の中を潤します。
市販の保湿ジェルを片方の人差指か中指につけます。
頬の内側を保湿ジェルをつけた指でゆっくりと10回ほどマッサージします。
 この時、もう一つの手は、頬の外側を軽く押さえます。
反対側も同じようにしてマッサージしましょう。

ドライマウスかな?と思ったら、受診される際にぜひお知らせくださいね。

スマイル歯科

石川県小松市土居原町760

TEL 0761-22-8388

診療時間 日祝
9:00 - 12:00 - -
14:30 - 17:30 -   -

受付は診療時間の30分前までです
JR北陸本線小松駅より徒歩5分
駐車場完備
※当院の駐車場が満車の場合は、お近くの市営駐車場のご利用をお願いいたしております。駐車料金の領収書をお持ちくださいますと、駐車料金をお支払いさせていただきます。

2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

休診日

午後休診

Google Map スマイル歯科への経路
©2014 スマイル歯科 All Rights Reserved.
まずはお電話にてお問い合わせください