スマイル歯科ブログ

BLOG

知覚過敏、これは何のサイン?

冷たいものを飲食したり、柑橘系の果物を食べたり、歯ブラシの毛先が触れたり、風があたったりするだけで「ズキーン」っと走るあの嫌な痛み!
それは、『知覚過敏』です。知覚過敏は、虫歯とは違って、その痛みは一過性であることが特徴です。

◎では、虫歯でもないのに、なぜ、歯がしみて痛いのでしょう?

歯の1番外側はエナメル質で覆われています。エナメル質は非常に硬く、削っても痛みを感じることはありません。
そのエナメル質の内側の層に、象牙質。またその内側には、神経があります。
根となる部分は、エナメル質はなく、象牙質でできています。

この象牙質が露出したり、エナメル質が薄くなった部分やほとんどない根の部分から、冷たいものや熱いもの、歯ブラシの毛先がふれるといった刺激が
象牙質内部の神経に伝わることで、痛みを感じるのです。

ただ、象牙質が露出しているから、必ず知覚過敏の症状が出るわけではありません。
また、体調、ストレス、だ液中のカルシウムや神経への働きによって「歯がしみる」こともあれば、何も感じないこともあります。

象牙質の中には、無数の象牙細管と呼ばれる無数の小さな穴が開いています。
これが、神経へと刺激を伝えているのです。
この穴がふさがってしまえば、刺激を伝えにくくなり「歯がしみる」ことはなくなります。
(加齢とともに、ふさがることもあります。)

◎知覚過敏を予防しましょう!

■歯みがき(ブラッシング)

正しく歯みがきをする。これにつきます!
力任せに、ゴシゴシと磨くのではなく、毛先が柔らかめの歯ブラシを使って、丁寧に歯垢(プラーク)を落とすつもりで磨きます。
歯根は、傷つけないように、とくにやさしく磨きましょう。
歯磨き剤ですが、研磨剤が入っていないものを使用する、または、歯みがき剤を少量だけ使うか、まったく使わなくてもいいくらいです。
歯根を傷つけたり削ったりしないようにすることが大切です。

知覚過敏が軽症の方は、上記のようにしっかり正しく歯みがきするだけでも、改善されます。

■食べ物、飲み物に注意!

酸性の飲食物を摂取するときは、その量と摂り方に注意して、
歯(エナメル質)が溶けるのを防ぎましょう。

酸性の飲食物…例えば、お酢(ドレッシング)、スポーツ飲料、炭酸飲料、赤ワイン、日本酒、ビールなど

長時間かけて食べたり飲んだり、酸性の飲食物が口の中にある状態を作ったり、大量に摂取したり、ということは避けましょう。
エナメル質が柔らかくなり溶けてしまいます。しかも象牙質は、エナメル質より弱い酸でも溶けてしまうので、要注意です!

酸性の飲食物を、私たちの食生活から取り除く!というのは、かなり難しいでしょう。
飲食後はうがいをして、酸が長時間、歯に付着しないように心がけましょう。

だ液には、エナメル質を修復する機能があります。
ノンシュガーやキシリトール配合のガムを噛むことで、だ液の分泌を促すというのも、良いかもしれません。


「歯がしみる」原因は、知覚過敏以外にもあり得ます。もしかしたら、虫歯や歯周病かもしれません。
自己診断で終わらせずに、「これは何かのサイン」と思って、ぜひ検診くださいね。

 

スマイル歯科

石川県小松市土居原町760

TEL 0761-22-8388

診療時間 日祝
9:00 - 12:00 - -
14:30 - 17:30 -   -

受付は診療時間の30分前までです
JR北陸本線小松駅より徒歩5分
駐車場完備
※当院の駐車場が満車の場合は、お近くの市営駐車場のご利用をお願いいたしております。駐車料金の領収書をお持ちくださいますと、駐車料金をお支払いさせていただきます。

2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

休診日

午後休診

Google Map スマイル歯科への経路
©2014 スマイル歯科 All Rights Reserved.
まずはお電話にてお問い合わせください