美肌&小顔になるには、良く噛むこと!!

良く噛むだけで、美肌になれる。高い化粧品や、エステにも行かずに、そんなことが可能とは、信じられますか?

良く噛むとアンチエイジング効果があると、最近分かってきました。
理由は噛むことで脳の血流が良くなり、集中力UP、認知症予防、脳の老化防止になるからなんだそうです。

また、パロチンという、唾液にある若返りホルモンが良く噛むことで唾液腺を刺激し、いっぱい出るようになることや、EFGと呼ばれる美肌成分も唾液には含まれているそうなのです。

パロチン…成長ホルモンの一種。歯や骨の再石灰化を助け、皮膚の新陳代謝を活性化する働きがある。→シミやしわを防ぐことにつながる。白内障、更年期障害の治療薬に使われることもある。

EFG…たんぱく質の一種。皮膚表面の受容体と呼ばれる物質トムズ美付、肌細胞の再生を促す効果がある。肌荒れ、ニキビの肌トラブル改善を助ける。新たな細胞の再生を促し、肌の新陳代謝を高める効果もある。→ターンオーバーを整え、美肌に役立つ。

他にも良く噛むことで、小顔効果もあります。
顔にある4つの咀嚼筋が鍛えられて、小顔効果につながります。
顔の筋肉の70%は口の周囲にあるため、噛むことで顔全体の筋肉が鍛えられるのです。たるみの防止になり、しっかり動かすと血行の流れもよくなるので、むくみ防止にもなりますよ。


また、ダイエット効果もあります。
少しの量でも良く噛むと満腹中枢が刺激されて、早くお腹がいっぱいと感じるためです。


良く噛む食事の注意点は、
・奥歯でしっかり噛むこと。
・姿勢よく、一口30回を目安に
・食事中は、なるべく飲み物を控えて
・固くて、良く噛めるものを食べる(根菜、玄米、豆、魚)
・少量ずつ食べる
・薄味を心がけること

以上のポイントをおさえて、お金をかけずに美肌を目指しましょう。
食べた後は、歯磨きも忘れずにしてくださいね。
 

最新のお知らせ

過去の記事

2021

2020

2019

2021_left_img01
2021_left_img06

2018

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2021_left_img05
top-bana03
2021_left_img07
2021_left_img09
2021_left_img10
2021_left_img08
banner_contact