ネット予約はこちら

 

【電話番号】0761-22-8388
石川県小松市土居原町760
予約はこちら

奥歯の歯茎が痛むときの原因は?

奥歯の歯茎が痛む、腫れるという時には幾つかの理由が考えられます。
腫れについては疲労時、身体の抵抗力低下時などに顕著になると思います。

◆歯周病

一番疑った方がいいのは歯周病でしょう。
自覚症状がない状態で進行する病気であり、心筋梗塞、脳梗塞などの命に関わるトラブルを引き起こす元にもなるため、直ぐに歯科医院で治療を受けることをお勧めします。
特に奥歯の噛む力はとても大きいため、それに比例して歯周病の進行も早くなるので注意が必要です。
ちなみに、ストレスも歯周病を悪化させてしまう原因になることがあります。

口内の歯石は歯磨きをしていても自分で取ることは出来ません。
そして、歯石は歯周病菌の住みかでもあるため、これが歯周病の元となります。
歯石を取らずにいると歯茎の中にまで溜まり始め、歯周病が進行すると周囲の骨を溶かし始めてしまうのです。
他にも、入れ歯、ブリッジ、親知らずなども歯周病の元になりやすいという難点があります。


◆歯周病以外の理由

虫歯、膿が溜まる、親知らずの痛みなどが挙げられます。
奥歯の歯茎が痛いというのは、基本的に歯茎が腫れて炎症を起こしているためなのですが、腫れる理由としては虫歯や歯周病が一番確率が高いのです。

虫歯に関しては、銀歯の下で虫歯が進行するということもあります。
特に銀歯は劣化しやすく、歯と銀歯の隙間から虫歯になることが、とても多いのです。

若い方の場合は、親知らずが理由ということもあります。
上下のどちらかだけに生えて来たために、片方の歯肉に歯が当たって痛むという場合もあるのです。

他にも、歯根の先に膿が溜まって歯茎が痛むということもあります。
これを歯根嚢胞(しこんのうほう)と呼ぶのですが、症状がまったくなく進行する場合が多いので要注意です。
痛み始めた時には、既に膿の袋が大きくなってしまっているということも考えられます。
この痛みは、そのうち顎全体に広がる場合もあるため、すぐに受診することをお勧めします。

 

 

最新のお知らせ

過去の記事

2019

top-bana01
top-bana02

2018

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

top-bana06
top-bana03
top-bana04
banner_recruit_01
banner_recruit_02
banner_contact
banner_contact