ネット予約はこちら

 

【電話番号】0761-22-8388
石川県小松市土居原町760
予約はこちら

乳歯が抜けていないのに永久歯が生えてきた

通常、歯の生え変わりは乳歯が抜けてから永久歯が生えてきますが、乳歯がまだ残っているのに永久歯が生えてきてしまう場合もあります。そのままにしておくと永久歯の歯並びに影響が出ることもありますので、注意が必要です。

初めての永久歯が生えて来るのが下顎の前歯であることが多いため、ここの乳歯が抜けずに内側の舌のある方に永久歯が生えて来てしまうということが多くあるようです。
乳歯が揺れているようならそのまま様子を見ることになると思います。噛んだ時に痛む、痛みで食事も出来ないということなどがあるなら歯科医院で抜歯することもありますが、通常は問題ありません。

乳歯があるから永久歯が内側に押し出されたわけではないのです。
生え変わりの時期はまだ顎が未成熟なので、乳歯よりもサイズの大きい永久歯が生えて来るためのスペースがないと内側に生えやすくなるのです。永久歯は生えるスペースがある場所を見つけて生えているだけなので、心配は要りません。
永久歯が伸びてくると乳歯の根を溶かしていく吸収という現象を起こします。
この時、吸収したスペースに永久歯を引き込むため、スペースが確保されれば生え始めの位置から移動して乳歯の真下から生えることになります。

気をつけないといけないのは、歯の位置は生え始めの位置によって決まるわけではないということです。
歯にかかる力の均衡を取れる位置に移動するため、内側に生えても無意識に舌が前方に押す形になるため、少しずつ外側の本来の位置まで移動するのです。
そのため、一度綺麗に生えた歯でも頬杖をつく、横向きに寝るなどの変な負荷をかけていると歯が内側に倒れて来てしまったり歯並びが悪くなったりすることもありますから注意しましょう。

尚、奥歯の場合は乳歯が揺れているのに抜けずに残ってしまい永久歯が斜めに生えているなどということが起こります。
こういう場合も歯科医院で抜歯が必要になるかもしれません。

また、乳歯が全く揺れていない場合は、永久歯の生える位置がずれて乳歯の根が正しく溶けていないということになりますので、この時も抜歯をしてもらう必要があります。

なお、歯並びについて、何か心配がある場合は、なるべく早くに受診されることをお薦めします。

 

 

最新のお知らせ

過去の記事

2019

top-bana01
top-bana02

2018

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

top-bana06
top-bana03
top-bana04
banner_recruit_01
banner_recruit_02
banner_contact
banner_contact