ネット予約はこちら

 

【電話番号】0761-22-8388
石川県小松市土居原町760
予約はこちら

マウスウォッシュはこうして使えば効果的?!

手軽に口の中を殺菌して口臭を予防できるマウスウォッシュは、とても便利で、使っている人も多いようですが、使い方によってはマウスウォッシュの効果が半減する事も。
いつどうやってマウスウォッシュを使うのがベストなのか、マウスウォッシュの効果的な使用法についてご紹介します。

 

☆歯磨き後に使用

口の中で含み、うがいをすれば殺菌効果が期待できるマウスウォッシュは、虫歯や歯周病予防に役立つ便利な製品です。
しかし、マウスウォッシュだけで虫歯や歯周病を予防する事は不可能です。
マウスウォッシュは、虫歯菌のネバネバ成分の中や歯周ポケットの中までは浸透していきません。
そのため、マウスウォッシュを使用する前に歯磨きをしてしっかり歯垢を除去し、歯周ポケットの汚れを取り除く必要があります。
歯磨きをして、ネバネバを取り除いた後にマウスウォッシュを使えば、効果的に菌を減らす事ができます。


☆フッ素入り歯磨き使用後は使わない方がいい?!

フッ素入りの歯磨き剤は、虫歯や歯周病菌予防には効果的ですが、フッ素入りの歯磨き剤を使った後にマウスウォッシュを使用すれば、せっかくのフッ素の効果がなくなってしまいます。
就寝前の歯磨きで、フッ素入り歯磨き剤を使ってケアするのであれば、マウスウォッシュは不要です。
唾液の分泌量が減る就寝中は、マウスウォッシュでケアするよりも、フッ素の効果を残しておいた方が、口内環境を良い状態に保てるからです。
ただ、食事を摂ったり、飲物を飲んだりする日中の場合、フッ素の効果は持続しません。
そのため、朝の歯磨き後はマウスウォッシュで殺菌しておいた方が効果的です。


☆30秒以上は口に含んだままにしておく

マウスウォッシュを使っても、すぐに吐いてしまうとあまり効果(殺菌できない)はありません。歯磨きした後、最低でも15秒、しっかりと殺菌したいなら、30秒以上、口に含んだままにしておきましょう。

 

最新のお知らせ

過去の記事

2018

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

top-bana01
top-bana02
top-bana06
top-bana03
top-bana04
banner_recruit_01
banner_recruit_02
banner_contact
banner_contact