スマイル歯科ブログ

BLOG

アメリカのビジネスマンは4人に1人が虫歯経験ゼロ

虫歯になったら歯医者へ行く、日本では当然のことだと思いますが、アメリカではそんな発想ではないそうです。

パナソニックは、30代から50代のアメリカ男性ビジネスマン200人と日本男性ビジネスマン200人の合計400人を対象に「歯とオーラルケアに関する意識調査」を実施しました。調査結果から、日本男性とアメリカ男性のオーラルケアに対する意識には大きな差があることが分かりました。


■歯の病気 アメリカは“予防”、日本は病気になってからの“治療”が主流!
トラブルがなくても歯医者に通院する割合、アメリカ男性76%に対し、日本男性はたったの36%!

・アメリカ男性がオーラルケアに熱心な理由のひとつは「虫歯への恥ずかしさ」と「キレイな歯がもたらす男の魅力」だそうです。
「歯やお口の中の健康を保つために虫歯などのトラブルがなくても、歯医者に行く習慣があるか」と質問したところ、76%もの人が「はい」と回答。しかし同様の質問を日本男性に聞いたところ「はい」と回答したのはたったの36%でした。日本男性の通院の割合は、実にアメリカ男性の半数以下であることがわかりました。
アメリカでは外見重視、虫歯予防も日常からケアすべき点の一つなんですね。


■歯をキレイに保つためにお金をかけても良いと思うアメリカ男性8割以上!
歯への年間投資金額 アメリカは平均約36,000円 日本は平均約6,000円

・アメリカ男性は86.5%が「歯を健康に保つためにお金や時間をかけてもいい」と考えているのに対し日本男性は42.5%。
「健康で美しい歯はステータスである」と考える日本男性は70%以上もいるのに、「歯を健康に保つためにお金や時間をかけてもいい」と考えているのは42.5%だけでした。一方アメリカ男性は86.5%もの人が「歯を健康に保つためにお金や時間をかけてもいい」と考えています。年間でオーラルケアにかけている金額を聞いたところ、アメリカ男性の投資金額は平均約36,000円、日本男性の平均約6,000円。アメリカ男性は日本男性の約6倍も自分の歯や口の中の健康に投資をしていることがわかり、意識と行動が一貫していることが伺えます。

■アメリカ男性は、歯に自信アリ! 歯の健康に自信がある割合、アメリカ男性85%に対し、日本男性は28.5%!


■アメリカ男性の4人に1人は虫歯経験ゼロ! 日本男性は20人にたった1人と圧倒的な差!
アメリカ男性の半数以上が勧めるオーラルケアアイテムは「電動歯ブラシ」

・アメリカ男性は調査対象者の25%が虫歯経験ゼロに対し、日本男性は4.5%。
・アメリカ男性が勧めるオーラルケアグッズは、「歯ブラシ」「糸ようじ」「マウスウォッシュ」などに加え、半数以上の人が「電動歯ブラシ」を使用し、様々なオーラルケアを実施しているそうです。

アメリカでは、オーラルケアに対しての関心が高く“予防”の意識も強いことから、なんと調査対象者の4人に1人が虫歯経験ゼロなのだそうです。
その一方で虫歯大国・日本の日本男性は、虫歯は“治療”という意識が根付いていることから、虫歯経験ゼロの人も20人に1人という残念な結果でした。

この機会にご自身の歯について、もっと関心をもちませんか?
「痛くなったら歯医者へ行く」のではなく、身だしなみの一つとして、ご来院頂けたら嬉しいです。

スマイル歯科

石川県小松市土居原町760

TEL 0761-22-8388

診療時間 日祝
9:00 - 12:00 - -
14:30 - 17:30 -   -

受付は診療時間の30分前までです
JR北陸本線小松駅より徒歩5分
駐車場完備
※当院の駐車場が満車の場合は、お近くの市営駐車場のご利用をお願いいたしております。駐車料金の領収書をお持ちくださいますと、駐車料金をお支払いさせていただきます。

2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

休診日

午後休診

Google Map スマイル歯科への経路
©2014 スマイル歯科 All Rights Reserved.
まずはお電話にてお問い合わせください