見た目の印象:白い歯の人は5歳若く!?

m

天使過ぎるアイドル「橋本環奈さん」と、歯に衣着せぬ毒舌で今やテレビで見かけない日は無い人気者、「坂上忍さん」が2014年にもっとも笑顔が輝いた著名人を表彰する、ベスト・スマイル・オブ・ザ・イヤーに選ばれました。
 (投票は、日本歯科医師会に所属する全国の歯科医師で選んでいます)

坂上忍さんは、18歳から29年間通っている歯科医院があり、月に1回は口腔清掃と検診を受けているそうです。
芸能人だからね~とか、「当たり前!」と思われる方も、多くいらっしゃると思いますが、

「白い歯を持っている人は、見た目印象が5歳も若く見られる」そうで、
「歯が白いほうが本人の魅力も20%増加する」という発表が、イギリスの大衆紙のウエブサイト「Mail Online」に掲載されました。

自宅でのオーラルケアは、歯の着色だけでなく、歯ぐきの印象を悪化させる“歯肉炎”を防ぐための基本ケアになります。
以前は、歯肉炎の原因は歯垢であるため、歯垢(プラーク)を除去することが必要、こればかりが言われていましたが、

神奈川歯科大学の山本龍生准教授によると、歯垢除去にプラスして歯ぐきへのマッサージを加えたところ、歯肉の細胞活性効果が2倍以上になったと発表されました。これまで言われていた歯垢除去だけでなく、歯ぐきマッサージも併用することで、きれいな歯ぐきを維持できるそうです。

オーラルケアは生活習慣のひとつとして取り組むべき課題です。
その日の気持ち(モチベーション)に左右されることなく、歯ブラシや歯間フロスを用いたホームケアや、定期的な歯科医でのクリーニング・ホワイトニング・歯ぐきマッサージを習慣的に行うことがお薦めです。

このブログを読んでいただけている方が、歯と笑顔に自信を持ち、きれいで健康な歯を保てますようにいつも願っています。
行きたくなる歯医者さん=輝く笑顔があふれる場所=スマイル歯科でありたいです。今日も頑張ります!!

最新のお知らせ

過去の記事

2021

2020

2019

2021_left_img01
2021_left_img06

2018

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2021_left_img05
top-bana03
2021_left_img07
2021_left_img09
2021_left_img10
2021_left_img08
banner_contact