ネット予約はこちら

 

【電話番号】0761-22-8388
石川県小松市土居原町760
予約はこちら

歯ブラシもしっかりケア!

歯や歯茎の健康を気遣い、歯磨きや歯・歯茎のケアを怠らない人は多いと思いますが、意外と見落としがちなのが歯ブラシのケアではないでしょうか。

歯磨きの時、直接歯にあてて使用する歯ブラシには、歯についていた汚れがそのまま付着している事も多々あります。
洗っても、汚れがついたままの状態になっている事もあるので、使用前にはしっかりと歯ブラシの汚れを取り除くようにしましょう。

汚れが取れない場合は、水を入れたコップの中に入れてすすいだり、コップを軽く叩くようにして汚れを落としましょう。

また、同じ歯ブラシでずっと歯を磨いていると、毛先が乱れてヘッドからはみ出し、歯にキレイにあたらず歯の汚れが除去できなかったり、歯茎を傷める原因になってしまいます。そのような状態になってしまった歯ブラシはすぐに交換するようにしましょう。黄ばんでしまった場合もすぐに交換が必要です。

たとえ歯ブラシが汚れてなくても、1ヶ月に1度は交換するようにしましょう。

歯周病など口内トラブルがある場合や免疫力が落ちている場合には特にこまめに歯ブラシを交換するよう心がけましょう。
口の中にはたくさんの菌が存在していますが、歯ブラシは、そんな口の中に毎日入れて磨くものですから、歯磨きをすればするほど、歯ブラシにも菌が付着してしまいます。それをよく踏まえた上で、歯ブラシの交換時期を考えましょう。

歯磨きをした後、歯ブラシが濡れたままの状態になっていると、菌の繁殖を助長してしまいます。さらに歯ブラシケースに入れて保管しておいたりすると、より菌が繁殖しやすい環境を作ってしまう事に。
歯ブラシに菌を繁殖させないためには、使った後よく洗い、しっかり乾燥させるように心がける事も大切です。

歯や歯茎を守るために歯ブラシは必須ですが、その歯ブラシに菌がついていては元も子もありません。歯ブラシに菌がついて不潔にならないよう、歯ブラシ専用のクリーナーなども使いながら、歯ブラシのケアを怠らないようにしましょう。

 

最新のお知らせ

過去の記事

2018

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

top-bana01
top-bana_p
top-bana02
top-bana06
top-bana03
top-bana04
banner_recruit_01
banner_recruit_02
banner_contact
banner_contact