スマイル歯科ブログ

BLOG

歯の構造 ご存知ですか?

今回は歯の構造について記そうと思います。

先ず始めに、普段から【歯】と呼んでいますが、表面に見えている白い箇所を【歯冠】、歯茎に隠れている箇所を【歯根】と呼びます。
歯の内側も、幾つもの組織から成り立っていて、それぞれに役割などがあるのです。

一番外側、歯冠の表面部分の厚さ2~3ミリを【エナメル質】と言います。
エナメル質は人の身体の中で一番硬く、その硬さの程度は水晶と同じほどと考えられています。
歯の内側を守る防護壁のような役割です。

エナメル質の直ぐ下にあるのが【象牙質】です。
歯の主成分であり、歯の大部分が象牙質と言っても過言ではありません。
エナメル質よりも柔らかく、刺激があると痛みを感じます。
虫歯になって痛み始めるのは、エナメル質を通り越して象牙質にまで虫歯が進行しているためです。
象牙質には若干の再生能力が備わっていて、内側の歯髄を保護する働きがあります。

象牙質の内側にあるのが【歯髄】です。
歯の中心部に存在する神経が通っているところであり、歯が痛むのは主に歯髄の影響とも言えます。
歯髄には痛みを感じる機能、炎症に対する防御機能、象牙質への栄養供給機能などがあります。
ちなみに、歯科医で歯の神経を抜く場合は、こういった組織を全て取り除いてしまうことを意味します。

歯を支えている骨のことを【歯槽骨】と呼びます。
普通にしていると歯は簡単には抜けませんが、歯周病などの病気が重度になると歯槽骨などが駄目になってしまうため歯が抜けてしまうことがあります。
尚、歯周病で駄目になった歯槽骨は、現在、治療で回復させることがとても困難なので注意が必要です。

歯の、歯茎の中にある箇所を歯根と呼ぶと記しましたが、この歯根の象牙質表面を覆っているのが【セメント質】です。
歯根膜という結合組織を繋ぎ止めているところでもあります。

【歯根膜】とは歯を支えている歯槽骨と歯根の間に存在する薄い膜の呼称です。
膜ではりますが、噛み応えを感じる機能、歯の咬合力を調整する機能、歯と歯槽骨を繋ぐ機能があります。
尚、噛んだ時に痛むなら歯根膜に炎症があるかもしれません。

 

歯の構造とは少し違うかもしれませんが、歯肉(歯茎)についても少し記しましょう。
正式名称は歯肉といって、歯槽骨を保護する機能があります。
歯肉炎というのはここに炎症が起きているということであり、多くの病気の兆候が歯肉に出て来ることが多いため、歯肉をチェックしておくことが大事になります。

スマイル歯科

石川県小松市土居原町760

TEL 0761-22-8388

診療時間 日祝
9:00 - 12:00 - -
14:30 - 17:30 -   -

受付は診療時間の30分前までです
JR北陸本線小松駅より徒歩5分
駐車場完備
※当院の駐車場が満車の場合は、お近くの市営駐車場のご利用をお願いいたしております。駐車料金の領収書をお持ちくださいますと、駐車料金をお支払いさせていただきます。

2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

休診日

午後休診

Google Map スマイル歯科への経路
©2014 スマイル歯科 All Rights Reserved.
まずはお電話にてお問い合わせください