スマイル歯科ブログ

BLOG

小さい虫歯の治療なら痛くない

皆さんは、歯医者さんで定期健診を受けていらっしゃるでしょうか?面倒だから、億劫だからと歯医者さんから足が遠のいてしまうと、せっかく早い段階で治せる虫歯も、どんどん進行してしまいます。すると、結局は後で痛い思いやコワイ思いをすることになるのです。

◆そもそも虫歯って?

お口の中には「ミュータンス菌」と呼ばれる虫歯の原因菌が住んでします。これが歯に付着してプラーク(歯垢)を作り、磨き残しや食べカスに含まれる糖分を利用して、酸を作りだします。この酸が歯のカルシウムやリンを溶かし、やがては歯に穴を開けてしまうという歯の病気です。

健康な天然歯には自然な透明感がありますが、初期の虫歯では、その部分が白っぽくなります。この状態を「脱灰」と呼び、エナメル質の内部が溶かされはじめている証となります。

◆ごく初期の虫歯(C0)

脱灰が起こっている状態ですが、まだ歯を削る治療が必要のない、ごく初期の虫歯です。この段階の虫歯は、適切なブラッシングとフッ素塗布などによって、歯の再石灰化を促してあげます。定期検診(メンテ)を受けて、経過観察をしていくだけでOKです。

<再石灰化って?>

お口の中を循環する唾液には、虫歯菌が作りだした酸を中和して洗い流す作用や、脱灰によって溶けだしたカルシウムやリンを再び歯に戻す役割があり、これを「再石灰化」と呼んでいます。また、フッ素にも、再石灰化を促す作用があります。

◆歯の表面の虫歯(C1)

痛みはありませんが、治療が必要です。ですが麻酔も必要なく、虫歯を取り除いてレジンなどの修復材を詰めるという簡単なもので済みます。レジンは歯と同じ色なので目立たず、治療も短時間で終わります。この段階で虫歯を見つけることができれば痛みもなく、歯医者さんも怖くないですね。

◆中程度の虫歯(C2)

甘いものや冷たいものがしみるといった症状がこの段階です。このまま放置しておくと、さらに虫歯が進行して熱いものがしみたり、痛みが出るようになります。治療には場合によっては麻酔を使用して歯を削り、型を取って作られる金属の詰め物(インレー)などを入れます。

これより進行して神経を取らなくてはならない虫歯をC3、抜歯するしかない状態をC4と位置付けしています。

虫歯は軽いほど治療も簡単で痛みもなく、短時間で済みます。定期的な歯医者さんによる歯科健診を受けるようにしましょう。

スマイル歯科

石川県小松市土居原町760

TEL 0761-22-8388

診療時間 日祝
9:00 - 12:00 - -
14:30 - 17:30 -   -

受付は診療時間の30分前までです
JR北陸本線小松駅より徒歩5分
駐車場完備
※当院の駐車場が満車の場合は、お近くの市営駐車場のご利用をお願いいたしております。駐車料金の領収書をお持ちくださいますと、駐車料金をお支払いさせていただきます。

2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

休診日

午後休診

Google Map スマイル歯科への経路
©2014 スマイル歯科 All Rights Reserved.
まずはお電話にてお問い合わせください